Koyou RentiaKoyou Rentia

レンタルVSリース

そもそもレンタルとリースの違いは?

「レンタル」と「リース」似たような言葉ですが、違いをご存知でしょうか?
利用方法、契約方法、処理方法など実はそれぞれの特徴を持っています。
一般的な特徴や違いを簡単にご紹介します。

レンタルのメリット

MERIT 1
契約期間内の返却が可能
MERIT 2
商品メンテナンスが不要
MERIT 3
財務上の資産計上が不要

レンタルとリースの違いをまとめました!

レンタル リース
目的 物件の一時使用 事業に必要な設備等の導入
契約期間の目安 短期
(1日~3、4年)
中長期
(3~10年)
中途解約 できる できない
所有権 レンタル会社に帰属 リース会社に帰属
(契約内容により異なる)
商品選択 レンタル会社の在庫から
(新品もしくは中古品)
リース会社の取扱商品から
(新品)
保守管理 レンタル会社が行う
(新品もしくは中古品)
リース契約とは別途でメンテナンス会社との契約が必要
(新品)
会計処理 オフバランス処理
(貸借対照表に計上なし)
(新品もしくは中古品)
オンバランス処理
(貸借対照表に負債資産として計上)
(新品)
契約手続き 簡単
(新品もしくは中古品)
煩雑
(会社案内・財務諸表・資産計画等を提出し、審査を受ける)

レンタルとリースを比べてみよう!

CASE.1

社員が少なくなってオフィス家具が
大量に余っちゃった!

プロジェクトや人事異動などによる人員増減でオフィス家具が急に「必要になった」「不要になった」ということありませんか?
 レンタルなら利用期間に関係なく、契約いただけ、返却時も違約金なしに中途解約が可能です。

不要になったオフィス家具は
違約金なしで返却が可能!
CASE.2

エアコンが壊れてしまって、
メンテナンスをお願いしないと!

エアコンやコピー機などの機械製品は定期的にメンテナンスする必要があります。
レンタルなら個別にメンテナンス契約をする必要もなく突発的な支出の心配もなくなります。

レンタルであれば余分な費用をかけず
&即座に修理・交換対応
CASE.3

月末の経理業務を簡素化したい!

レンタルなら経費処理できるので煩わしい会計処理が不要となり、経理担当者の作業負担が軽減します。
また、負の資産として資産計上の必要があるリースに比べ、レンタルなら健全な財務状況をPRすることもできます。

レンタルなら経費処理が可能!
経理担当者の手を煩わせることもなくなります。

レンタルするならコーユーレンティアにお任せください!

 お問い合わせフォーム
担当窓口
03-6758-3513(直通)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)